職業家庭

提供: Internet Web School

目次

 はじめに

 ここでは 職業家庭 のトピックを載せています。
各項目の説明は主により詳しい記述のあるサイトへのリンクによって構成されており、必要に応じてサイト内にも記述してあります。
 また、このサイトの内容は編集可能ですのでより詳しい情報がある場合は直接編集することができます。

 この科目の目的

インターネットで利用できる適当な職業家庭の教科書は残念ながらない。
そこで、公共の辞典・記事(ウィキパディア、官公庁の広報類)等の記事を利用して、 以下に述べる願いと目的でテキストを作成する。

 幸せで豊かな人生を願って

人は人生の大半の時間を職業(生活費を得るための労働)と家庭生活で費やす。
人々はみな幸福で豊かな人生をおくる権利をもつが、 
この権利の実現には、生活の大半の時間を過ごす、この両部面を充実させることが肝要である。 
近年、日本はもとより世界各地で、グローバル資本主義(新自由主義経済)の席巻による労働環境と社会システムの激変が続く。 
この中で、翻弄され、極貧生活に陥ったり、日本では自殺や過労死する人々が多く出ている。 
この科目は、激動の時代に、翻弄されず、豊かな人生を送るために必要な知識の素材を提供することを目的としている。RT
章の構成は以下のとおりである。

第1章「誰でも個人として尊重され生命、自由、幸福追求の権利を持つ」 ;
国連憲章や国際人権規約、各国とりわけ日本国憲法では 
人々はみな幸福で豊かな人生をおくる権利をもつことを宣言し、
政府にこれを保障するよう定めていること。
すべての人々が幸福な人生を追求できるには、それを可能にする社会的基盤が必要であること。

第2章 「脅かされる「幸福追求の基盤」、対抗する世界の市民たちの運動 」;
現実には、幸福追求の基盤が脅かされ、多方面でむしろ後退してきていること。
それに対抗する運動が、世界中の市民によって起き、成果をあげていること。

第3章 「職業とその選択」;
職業とその選択にあたっての考え方について紹介する。
具体的には、
職業とはどういう意義を持つのか。どのような分野と職種があるのか。
求職活動の考え方など等である。
求職に当たっては、日本では大企業への就職志向が強い。
しかし多くの大企業が近年、経営危機に陥り、大量の整理解雇をしている。
また電通の新入社員が長時間残業の過労から自殺するなど勤務も過酷である。
大企業への無条件の就職志向は改めるべきであろう。
そこで、本テキストでは大企業と中・小企業への就職および 個人・家族経営の起業の説明とともに、それらの有利な点、不利な点についてもふれてみたい。

第4章 「家庭」;
家庭生活について考える。
とりわけ、家族の文化的な生活や平安や健康を保つ方法を詳しく説明する。

第5章「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と家庭生活のどちらも充実させ、
豊かな人生をおくれるよう「ワーク・ライフ・バランス」について説明する。

第6章 「人の安全保障」
まず、会社や家庭生活で遭遇する可能性のある諸危機はなにかを考える。 次にそれらの諸危機から、自分や家族を守る方法について、
自分や家族でできる方法と公的・社会的に対処する方法の両面から考える。

第7章 「自由や幸福追求の権利が抑圧されない社会にするために」
自由や幸福追求の権利が抑圧されない社会にするために、
各人は何ができるかを考える。

章目次

1. 誰でも平和で幸福な人生を送る権利がある

2. 脅かされる「幸福追求の基盤」、対抗する世界の市民たちの運動

3. 職業と選択

4. 家庭生活

5. ワーク・ライフ・バランス

6. 人間の安全保障 

7. 自由や幸福追求の権利が抑圧されない社会にするために TBD

CAI問題

  • 職業家庭/CAI問題 ★★★指示されている全てのCAI問題を修了してください(章目次よりも多い場合あり)★★★

注意事項

 収録されているコンテンツの内容は予告無く変更される場合があります。

Note:2019.7.29 9:28 JST DomainKing.cloud 移行

個人用ツール
他の言語